TAW 10th anniversary | フラクタル心理学協会

フラクタル心理学 - 自分を変える心理セミナーフラクタル心理学カウンセリング動画

就任のお知らせ

2017年9月11日付で医師・医学博士の川澄幸子先生が当協会の顧問に就任いたしました。

また、メディカルラボ150の顧問にも就任いたしました。

川澄 幸子先生 プロフィール

川澄幸子

医師・医学博士として、救急医療に始まり画像診断や産業衛生等の分野を経験し、現在は職域の人々の健康や安全向上の ため産業医活動を中心に予防医学に携わっている。フラクタル心理学と出会い、家族の問題が解決し、自身も勤務医から開業産業医へとステージアップした経験から、 思考が現実を作っていることを体感。日々の診療にも活かしている。美容・健康コースを通して、老化や死への恐怖を除き、自分で美や健康を作り出す思考を増 やすサポートをしたいと考えている。 家庭では二児の母としても奮闘中。

ご挨拶

この度顧問となりました川澄幸子です。

フラクタル心理学を学んだ多くの方が、自身を成長させ、人生を変えてきたことと思いますが、 私もその一人です。自分自身の体験のみならず、ともに学んだ受講生さんなど周囲の方々も大きく 変わっていくのを見るたび、鋭い分析に感銘を覚え、学ぶほどにその思いは強くなっております。

さて、日本は長寿社会を迎え、最先端の科学・医療技術が日々世界で研究されています。50-100年前には 多くの方が亡くなっていたような病気も人類は克服してきました。今後もさらに科学・医療の進歩は進み、 かつては考えもしなかったような医療の恩恵を享受する日もくることでしょう。そんな中であっても、 私たちが失ってはいけないもの、それは自分で自分の健康を作る、という意識です。

医療従事者は日々新しい情報をアップデートする一方で、現段階では数値などでは表されないような 個々の心理状態も健康に大きく関与していることを知っています。時には私たち自身の思考が病気を 招いてしまっていることがあることも、直感的にわかっています。フラクタル心理学は、そんな従来の 考えでは目に見えない思考を可視化することができる、新しく画期的な心理学です。いつか医療と フラクタル心理学の概念が融合することで、より多くの方が健康な心身を土台に、日々を生き生きと過ごし、 夢を叶えていかれるのではないかと思っております。

そんな未来に向けて、メディカルラボ150も発足されました。
健康と思考についての探求およびフラクタル心理学の発展に努めたいと思っております。 皆様のご指導、ご支援を今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。